窓辺の家

建物をシンプルな箱型で構成することで、コストを抑えたプランです。
玄関土間にはベビーカーやゴルフバッグなどを置けるスペースを確保し、来客の時にLDKが丸見えにならないよう、扉を設けました。
中に入ると鉄骨階段が印象的な、明るいリビングがあります。

リビングの中でも窓辺の空間は温かな日差しや爽やかな風、季節を感じたりすることができる特等席です。家族はここで窓枠に座ったり、窓の前に寝転んだり、猫のように自分の好きな場所を見つけゴロゴロと過ごします。

対面型のキッチンはリビングでくつろぐ家族とその先に見える庭を一望することができる配置で、家族とのコミュニケーションを楽しみながら料理をすることができます。また、キッチン背面には勝手口もあるので、出入りするのにとても便利です。洗面脱衣室はゆとりのある広さにしました。
2階に上がると2面に窓があるカウンタースペースがあります。窓から外が見えるこの場所を家事スペースとして使ったり、読書したりと家族が自由に使うのもよいですね。
この窓辺は1階のリビングとは違う風景を楽しむことができ、家族のお気に入りの場所になりそうです。

2階はそのほか、将来仕切れる子供室とウォークインクローゼットのついた主寝室があり、生活スタイルに合わせて使うことができます。
お気に入りの窓辺での暮らしを楽しむことができる、シンプルでコストパフォーマンスの良い家です。

延床面積 参考価格帯
89.42 m² 1,500 〜 1,600 万円

※価格は概算本体価格です。
※施工エリアや仕様により、本体価格が異なる場合がございます。
※本プランは、撮影当時に販売されたプランとなっており、最新のプランとは一部設計・仕様が異なる場合がございます。